スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件、事故、経済、余震
<2012.3.6>
人はどんな事をすると悪い事をしたと思うのでしょうか?
日本は法治国家です。
法律を犯すと罰を受けますが、この法律も人間が作りし故か、完璧ではないのがよく分かります。
これからも「殺人事件」が増え続け、消息を絶った人の「死」が殺人と云うケースも多いと思います。

今年の冬は、雪・雪・雪でした。
地震はこれからも私達を不安にさせるでしょうし、天災の脅威を忘れられずに過ごす日々になるのは頷けます。
飛行機や小型機の事故も起きやすく、気になる事は目白押しです。
それと、高速道路の多重事故も見えて、今はこの事が大変心配ですし、列車の脱線事故も気になるところです。
交通機関の乱れも多発し、システムの故障なのか信号トラブルなのか、誤作動するのも感じます。このシステムのトラブルが交通機関だけではなく、他方面にも及ぼす風で心配です。

大手企業が本店を大阪に移転する動きは、これから益々加速すると思われますし、今表面には出ていませんが、検討しておられる企業も多く、この事が分かれば分かるだけ人々が関東直下型に真実味を帯びて感じ、不安が増すと共に気付くと、東京都と並び橋下市長が言っておられた大阪都が出来るかもしれません。

今年より来年、来年より再来年と人々はこれからの4年間、特に、東大の教授の4年以内の直下型地震の確率70%の言葉が揺れる毎に大きく圧し掛かり不安になって行く事でしょう。

だからと云って今、「起きない」と言える感じもなく、これから皆様と共にどのように備えをすべきかを考えたいとも思い始めていますが、東京直下より、昨年の大地震の大きな余震の方が迫っている方が心配です。

<速報> 2012/3/01 13:00
<2012.3.1>
「注意をなさって下さい」

昨年の東日本大地震は余りにも大きく動き過ぎて、太平洋側は未だに活動しています。いつだったか東日本大地震の影響が北海道方向から揺れるのか、茨城と下の方へ揺れるのかと書いたようにうっすらとしか覚えていないのですが、又々、昨年の時のように胸の奥に嫌なものを感じています。

5弱だと被害もなく済みますが、5強となると気になります。

今、地図を触っていても、
鹿島灘から福島に向けて、
鹿島灘から千葉に向けては今後共、要注意です。

私の地図には気になる所に線を私が引いています。

(1)太平洋の磐城沖ガス田と書かれた辺りから北茨城を、そして静岡の富士に向かう一方の線
(2)鹿島から千葉を抜け横須賀から伊豆の下田に向かう線
(3)千葉の犬吠崎から房総半島を抜け大島に向かう線

この三本の線が、今日はやけに地図上で光って見えています。
これからの三ヶ月は、要注意時期です。

東京も5クラスはあると思いますし、関東一円・甲信越・栃木・埼玉は何処が揺れても揺れやすく、6クラス以上は起きやすく今日は思っています。

どうか「当たる・当たらない」とお読みになるのではなく、
常日頃から「今 生きている」事を自覚されて、揺れが始まった時は「自分は生きている」と、一言心の中で言われてから行動をとって下さい。

私達は動物の勘を本来は持っています。
自分が生きると思った時、ご自分の動物的勘が甦り、恐怖心や不安がおさまり、冷静な行動がとれると私は信じています。

これからの揺れは、昨年の東日本大地震の余震?の様に何故か思っています。
未だ太平洋側の海底は静まっていません。
それ故に揺れは続く事でしょう。

この地域以外の皆様も油断大敵です。
長野・新潟・宮城・福島、特に福島は今後も揺れると思われます。


幸福への近道より転載
スポンサーサイト

転載


速報 2012/2/19 17:00
<2012.2.19>
私がどの様なお知らせを書いても怖がったり心配し過ぎたりしないで下さいネ。今は我国も揺れや洪水・竜巻・台風・強風と災害がやって来ます。大津波をまたもや見るかもしれませんし、大噴火を味わう事もある事でしょう。

確かに心配事である事は間違いありませんが、常日頃からの備えを忘れず、大きな揺れを感じた時は恐怖心を抑え、心の中で「明日も生きている」と心の中で自分に話しかけて下さい。

人は恐怖心だけを持ち、災害を体験すると、本来の動物的勘が衰えます。それよりも、「明日も自分は生きている」事を、肝に叩き込むのです。そうする行為は生きようとする力が体中を包み、ご自分でも驚かれるくらい勘と申しますか、ご自分の身を守れる判断が出来て、明日を迎える事が出来ると私は思います。

今からご注意をお願いする事を書きますが、昨年の3月11日のような大災害は今のところ感じてはいませんが、地図を触って気になるのでお伝えしておきます。

(1)茨城沖の鹿島灘辺りから太平洋はこれからも揺れると思います。
(2)茨城県は日立・常陸太田辺りと、福島県は地震速報が流れやすくなると思います。
(3)関東は何処が揺れても揺れは感じると思いますし、5クラスは覚悟していて欲しいと思います。
(4)千葉・横須賀・伊豆と、この線上も気になりました。

ここに書けていない近郊の県ではこれからは何処かが揺れると、揺れると思われますので怖がらずに、ご自分の気を高めて下さいませ。


幸福への近道より

三匹のコブタとともに、中軽にいる。
これからの世の中どうなっていくのか、来年の夏はどうなっているのかと思いつつ、
平和な気持だ。

八月は無事に越せないと思ってたけど、どうだろう?

エレーニンも気になるし、、、

放射線で傷ついたDNAを修復する周波数

放射線で傷ついたDNAを修復する周波数528Hz。どうもある特定の音の周波数がそのような効き目がある。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/


玉蔵氏のサイトにもこのような記事あり。


どうやら、DNAの自己修復システムが働く際、外部からの振動が効果的に干渉、ってのは
充分にありうるという気がする。

よくある、「ありがとう」と声に出していいましょう、波動で良い方向にものごとがすすみますとかなんとかいうのもまんざら嘘じゃないのかもしれない。

日本語の音には、言霊があり、あ、い、う、、、と1音ずつ、意味がある。
日本語は、もしかしてそこまで考えられて作られた言語なのではないかという気がして来た。

最近、もともとは医師だった、春日大社の神主さんが書いた神道の本を読んでいるが、
そこにもいろいろと面白いことが書いてあった。

昔、古代言語カタカムナのことをちょっとかじり、
友達と本のようなものを作ったが、あれにはやっぱり意味があったのかもしれない。

「はじめにことばありき」

これは本当なのかもしれない。

井口和基氏の過去のブログより
DNAにまつわる不思議な実験
http://quasimoto.exblog.jp/14967816/


DNAの書き込みが言葉や振動でできるのではないかという研究。

Quantum Pranx
DNA Can be influenced and reprogrammed by words and frequencies
グーグル翻訳:DNAは、言葉と周波数の影響を受け、再プログラミングすることができます

ヒトのDNAは、生物学インターネットと人工的なものに多くの面で優れています。 最新のロシアの科学研究は、直接または間接的にそのような千里眼、直感、人々の周り癒し、自己治癒、肯定のテクニック、珍しい光/オーラの自然とリモート行為(すなわちスピリチュアルマスター)、気象パターンと、はるかに上の心の影響力などの現象を説明しています。 さらに、DNAを切り出し、単一の遺伝子を交換せずに単語や周波数に影響を受け、再プログラムが可能な医療の全く新しいタイプの証拠がある。

私たちのDNAのわずか10%が蛋白質を構築するために使用されています。 それは西洋の研究者に関心があって、検査と分類されているDNAのこのサブセットです。 他の90%が"ジャンクDNA"ロシアの研究者、しかし、自然のダムではなかったと確信し、のそれらの90パーセント探求するベンチャーで、言語学者や遺伝学者に加わった"ジャンクDNA"を彼らの結果は、調査結果と結論しているだけで考えられている画期的な! 彼らによると、私たちのDNAは私たちの体の建設のための唯一の責任を負うものではありませんが、データストレージとして、通信で提供しています。 ロシアの言語学者は特に明らかに無駄な90%の遺伝コードは、すべて私たち人間の言語と同じ規則に従うことがわかった。 この目的のために彼らは、構文の規則(単語がフレーズ、文章を形成するために一緒に置かれている方法)、意味論(言語形式の意味の研究)と文法の基本的なルールを比較した。
Garjajevの研究グループは、この方法で、例えばX線によって損傷染色体が修復することができることを証明することに成功した。 彼らは、特定のDNAの情報パターンをキャプチャし、そのため別のゲノムに細胞を再プログラミング、別のものにそれを送信。 そこで、彼らは成功し、単にDNAの情報パターンを送信することにより、サンショウウオの胚に、例えば、カエル​​の胚を変換! この方法では、全体の情報はDNAから単一の遺伝子を切り出し、再導入時に発生した副作用またはdisharmoniesのいずれかなしで送信されました。 これは信じられないほどの、世界的に変換する革命と感覚を表しています! すべてこの単純ではなく、古風なカットアウト手順の振動と言語を適用することにより! この実験は明らかにアルカリ系列の生化学的プロセス以外の生物の形成に大きな影響を持っている波遺伝学、の巨大な力を指しています。

一般に、細胞内のDNAシステムとコンピュータプログラムシステムは非常に似ている。コンピュータプログラムでは、読み、書き、記憶ができるが、DNAシステムで唯一足りないものは、書き込みであると考えられて来たのである。

なぜならもし書き込みができるというなら、個体が獲得した短期的情報をその個体が遺伝子に書き込むことになり、獲得形質が遺伝するというラマルク説が正しいということになるからである。

ダーウィン説のもっとも重要な点は、この書き込む装置がないということである。だから、突然変異しか文章を変化させ書き込むことができず、それには非常に長い年月がかかるというのが普通の考え方なのである。ところが、この研究では、言葉や振動など外部からの電磁振動などにより、DNAを修復できるというのである。

放射線の場合、外部からやってきた電子線や中性子戦やX線やγ線がDNAに当たると、それがDNAの電子状態を変性させ活性化させる。そのために、別の塩基に置き換わったり欠損が生じる。その結果、そこが突然変異して、DNA全体の複製阻害してしまう。これがいくつも組み合わさると最終的に癌化するというわけである。

こういう場合の放射線は自然界のものだから、特に情報が含まれているわけではない。ところが、この研究では、遺伝子情報を読み取り、その情報を電磁波に乗せる。こうして情報化された電磁振動をDNAに照射すると、そのDNAがその情報に適うように変異するというのである。

だから、仮に放射線で傷ついた誤ったDNAがある時には、もとの正しい情報を持った電磁波をその病気のDNAに照射すると、自然に回復するという可能性があるということである。

これはその発想としては、ヒーリングのようなものである。DNAヒーリングのようなものである。将来的にこういう一見超能力のように見える世界にDNA科学が進んで行くのではないかというのが今回の研究のようである。
02 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:えーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。